防災・防犯の専門メーカー 株式会社 エヌ・アイ・ピー

スイッチ断ボールIII

  • HOME »
  • スイッチ断ボールIII

簡易タイプ感震ブレーカースイッチ断ボールⅢ

 

 A001J 販売実績30万台(※1)の実績を誇る

簡易タイプ感震ブレーカー

スイッチ断ボールⅢのご案内

※1:平成11年の初期モデルから平成27年7月末までの累積販売実績

 

  • 取り付けが簡単
  • 動作原理がわかりやすい
  • 長期未使用でも劣化しない
  • 水準器付きなので正確に取り付けできる
  • 様々な形状の配電盤やブレーカーに対応
  • 3段階の震度設定が可能
  • 取扱説明書はモバイルでいつでも閲覧可能
  • 安全上のお知らせをモバイルで確認できる

 

 

当社は、代表者宇尾野俊明が阪神淡路大震災(平成7年)以後、地震対策用品開発を開始し、現在、10種類以上の製品化を行っています。

今回ご案内する「スイッチ断ボールⅢ」は、初期モデル(平成11年発売開始)の改良型(東日本大震災後)スイッチ断ボールⅡを、さらに発展させたものです。スイッチ断ボールⅡまでは中国製でしたが、下記の目的を達成するために新たに新機能などを加え、本年5月より国内にて製造を開始しました。

  • 高品質の維持、安定供給と需要急増に対応
  • 東日本の復興支援事業として東日本にて製造
  • 販路監視を徹底し、不当広告や過剰な価格競争などを招かない販路を構築
  • 普段は作動することが少なく長期に使用される特殊な使用環境のため、製品寿命到来、リコールなども含め修理点検や大きな地震などの際に、使用者のモバイル(スマートホンやタブレットなど)にて安全情報を通知
  • 期待寿命10年(通常の使用状態で適正に使用可能な期間です。

A001J_008

  • 本体
  • キャップ(ブレーカー形状に合わせて使用します)
  • 重り玉
  • 長い紐(ブレーカーが重い場合使用します)
  • ブレーカー穴用紐通し(銅製)
  • 取扱説明書

 

【本体表示のGS1QRコード】詳細は後述「付加機能」参照

この製品には、長期に使用して頂くための安全上の情報を使用者にお伝えする付加機能をもったQRコードを使用しています。

取扱説明書DL GS1QRコード

取扱説明書DLのGS1QRコードです。

フェイク(模倣)による不法行為を抑止するために、最新のアプリでご使用いただけるよう、取扱説明書でご案内しています。

取り付け方1:

主電源ブレーカーの下側に取り付けます。

【左画像 取り付け時】        【右画像 作動時】

  1. A001J_0041A001J_032ブレーカーの下に両面テープで貼り付けます。
  2. 震度5強相当以上の揺れで重りが落ち、ブレーカーを「切」にし、電源を遮断します。
  3. 再び、セットするには、安全を確認してから、ブレーカーを「入」にして、重りを重り載せ台に置いて、キャップをブレーカーノブにかぶせます。

留意点

  • 生命維持に必要な装置などを使用している場合は、無停電電源装置(UPS)などに接続されるなどの対応をお願いします。
  • カバー付きの配電盤、ブレーカーの下に本体を取り付けるスペースが無い場合は、取り付け方2を参照ください。
  • 作動すると照明もすべて消えます。必ず、枕元など、身近なところに懐中電灯などをご用意ください。

取り付け方2: 
cutting

カバー付きや取り付け場所が狭い場合は、下記のように本体をハサミで切り離して取り付けることで、対応できます。

  1. 本体をハサミで写真の様に切り分けます。
  2. ブレーカーの下にハンガー部(上側)を、配電盤の側面に本体下半分をそれぞれ取り付けます。
  3. 配電盤のカバーを降ろし、ロックさせず、配電盤とカバーの間に少し隙間のある状態で使用します。(カバーをロックすると紐が引っかかり作動しません)

 

 

 

スライド07

設置後のお手入れ:

重りと重り載せ台などに油汚れなどが付着すると正常な動作に支障が生じます。台所などが近い場所に設置する場合は、定期的にお手入れください。

付加機能:

長期間、普段は作動する事の少ないこの器具は、長期に亘り安全に正しくご利用いただくために、この製品についているQRコードは下記の機能が組み込まれています。

  • 取り付け前にご自身、ご家族などのモバイル(スマートフォン、タブレットなど)にて取扱説明書に記載しているGS1QRコードから専用のscodtアプリをインストールしてください。現在GS1QRコードリーダーをインストールしていない場合は、App StoreもしくはGoogle Playから指定のscodtアプリをインストールください。
  • お勧めのアプリは、個人情報をより確実に保護するためにも実行していただき、このアプリで一般のQRコードリーダーとしてご利用ください。

QRコードの機能

●本体に表示されているGS1QRコードを読み取る専用無料アプリです。
●お手元のモバイルにあったアプリを選択しバナーをクリックしてインストールしてください。(2016年6月30日〜公開中)


上記の最新のモバイルサービスは、TDNインターナショナル株式会社のSatfety Check On-demand Technology(略称SCODT 国際特許申請中)を使用しています。このサービス、GS1QRコードリーダーに関するお問い合わせは、サービス提供会社にお問い合わせください。

すこどっと「最新モバイルアプリscodt」

その他(資料、普及支援など)

・A4チラシ(PDF)パンフレット

・納入仕様書、説明用ツール(pptxとPDF)

・説明員の派遣(町会などの地域取り組みなどの場合)

・特殊な取り付け条件などもご相談ください。

模倣品について

最近、当製品を模倣した製品が販売されています。「ボールを落下させブレーカーを切ることや本体をハサミで切って様々な取り付けができることなど」は、すべて当社の開発技術です。これらの製品については、後々問題を起こすことになる可能性がありますから、採用をされる場合はご注意ください。

当製品の販売を行う事業者様において、このような違法まがい製品と競合する場合、お取り引きをされている事業者、団体、自治体などがおりましたら、当社にご連絡ください。

【取得済み特許・著作について】

特許第4712362号

特許第4511132号

カタログ、ホームページ、取扱説明書など当社のデザイン成果物については、すべて(C)PROCONSULTSにて著作権を主張しており、転記転用も禁止し、厳格に知的財産権を主張しています。類似の表示標榜などは当該著作に抵触します。

ご注文はこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

PAGETOP
Copyright © 株式会社 エヌ・アイ・ピー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.